新潟県南魚沼市大里(おおさと)は大変雪深い地域です、コシヒカリで代表される稲作地帯の村に春を呼ぶ祭りがこのイチノミヤのお祭りです、地元では豊作と家内安全を祈願します。    
     
    暦の上では三月と言えばもう春ですが、雪深いこの地はまだ遠い季節です
二月に行われる雪祭りが季節の分かれ目、そしてこのお祭りが到来する春の出発点です、三月十二日を境に積もった雪は融け出す時期になります、住んでいる人はこの日を冬との境にしています。
   
     
    この古来より続くお祭りのルーツは、初申の日の行っていた一宮神社の春祭りに集まる参拝者を相手に農家道具や生活用品を売買したのは始まりと言われています。参拝の沿道には多くの出店が顔を並べますが、神社境内には昔からのお店が並びます、つまり神社に近い程古来の風物詩のような情景を目にする事ができます。    
 
 

春季大祭 行事進行(予定)時間

3月12日

午前7時 大祭開始号砲(花火)打ち上げ

午前10時 大祭神事(一宮神社内にて開催)

             神社奥殿で開催されます、申し訳ありませんが神事への参加は氏子のみとなっております

午後5時 大祭終了
             当日の天候やその他の都合により予定時間より早く、大祭終了となる場合もございます

●例年であれば午前8時頃より午後4時前後が賑わいます、正午前後は混雑が予想されます、会場(一宮神社)への道路も
 往来する車で渋滞します、交通事故などには十分注意して来場されますよう、お願い致します。